産婦人科

沖縄協同病院

沖縄協同病院の診療科は内科/消化器内科/呼吸器内科/循環器内科/神経内科/気管食道内科/外科/整形外科/呼吸器外科/脳神経外科/心臓血管外科/小児科/産婦人科/麻酔科/リハビリテーション科/放射線科/皮膚科/リウマチ科/眼科/心療内科/泌尿器科/病理診断科/脳卒中内科/消化器外科/形成外科/救急科/臨床検査科/緩和ケア内科完備されており、外来診療を受ける患者にミスのない丁寧な看護を目指します。看護師は293人勤務しています。業務がスムーズに回るよう、ナースのチームワークは良いです。

白銀病院

白銀病院には内科/胃腸内科/小児科/外科/整形外科/泌尿器科/産婦人科/眼科が設けられており、地域に必要とされる医療を届けています。看護師は無理のない2交代制で看護に当っています。プライベートを配慮し、看護師同士の支えあいも大事にしています。

公立久米島病院

公立久米島病院の住所は、沖縄県島尻郡久米島町字嘉手苅572番地3で、周辺の人々より必要とされる医療を目標とします。看護師は看護師を考えた2交代制で働いています。仕事とプライベートを踏まえて、ナース同士の協力も重んじています。

アドベンチストメディカルセンター

アドベンチストメディカルセンターの診療科目は内科/外科/整形外科/皮膚科/小児科/リハビリテーション科/家庭医療科/産婦人科/産科/婦人科/不妊治療/歯科/健診センター 完備されており、外来を利用する患者にミスのない丁寧な看護を行っています。専門看護師は-名、認定看護師は2名います。専門資格のあるナースを目標とする看護師に向いています。入院患者の数は-名です。緊急な入院に対しても親切な対応を心がけます。

地方独立行政法人那覇市立病院

沖縄に設置されている地方独立行政法人那覇市立病院の医師、看護師など職員は、559人活躍しています。診察は、内科/呼吸器内科/循環器内科/消化器内科(胃腸内科)/神経内科/皮膚科/リウマチ科/小児科/精神科/心療内科/外科/呼吸器外科/乳腺外科/気管食道外科/消化器外科(胃腸外科)/泌尿器科/脳神経外科/整形外科/眼科/耳鼻いんこう科/小児外科/産婦人科/リハビリテーション科/放射線科/麻酔科/歯科/歯科口腔外科の科目ごとに、患者に求められる医療を実践しています。地域がん診療連携拠点病院指定/臨床研修病院指定(厚生労働省発医政第274号)/救急指定病院の指定を受ける(環医第54号)/不在者投票指定病院(沖選管第263号)/保険医療機関保険薬局指定(沖縄県知事)の認定を受け、認定を受けた病院として機能を持ち合わせています。看護部は、アセスメント能力を生かした固定チームナーシングを取り入れ、看護体系7:1を活用し、ナースは働いています。効率が良くクオリティの高い看護を心がけています。

南部徳洲会病院

南部徳洲会病院は、周辺に住む方たちに信頼を置かれる病院を目標としています。近接性に着目した医療を目指しています。外来に来る患者は480名、入院患者は328名おり、包括性を大切にしています。ナースは255人活躍しており、看護の仕事が問題なく実施されるよう、看護師は協力しています。

中部徳洲会病院

中部徳洲会病院には内科/呼吸器科/消化器科/循環器科/小児科/外科/整形外科/形成外科/脳神経外科/呼吸器外科/心臓血管外科/小児外科/皮膚科/泌尿器科/性病科/肛門科/眼科/耳鼻咽喉科/気管食道科/放射線科/麻酔科/歯科口腔外科/歯科/産婦人科/リハビリテーション科 が設置されており、地域の住民の為の医療活動に励んでいます。保健医療指定病院/臨床研修指定病院/救急告示病院/集団給食施設/母体保護法指定病院/未熟児養育医療機関指定病院/養育医療指定病院/被爆者一般疾病指定病院/生活保護法指定病院/結核予防法指定病院/特定疾患指定病院/小児慢性疾患指定病院/労災保険指定医療機関の指定病院/労災保険二次健診等給付指定病院/沖縄県マンモフラフィ検診一次検診医療機関/更正医療指定病院/沖縄県マンモフラフィ検診二次検診医療機関(腎臓に関する医療、心臓脈管外科に関する医療、整形外科に関する医療、歯科口腔外科に関する医療)などの厚生労働省からの指定を受け、地域の医療施設との連携を重要視しています。看護部では、患者を1番に置いたチームナーシングを採用しています。看護体系7:1で看護師は活躍しています。効率の良い医療の質を上げた看護を行っています。

自衛隊那覇病院

自衛隊那覇病院は、沖縄県那覇市当間301に位置します。

沖縄赤十字病院

沖縄赤十字病院の診療科は内科/循環器科/小児科(NICU有り)/外科/整形外科/脳神経外科/神経内科/産婦人科/耳鼻咽喉科/眼科/皮膚科/泌尿器科/歯科・口腔外科/放射線科/麻酔科/リハビリテーション科/救急部/漢方外来完備されており、外来に訪れる患者に対し、正しく丁寧な看護にあたっています。看護部は、通院、入院を希望する方への相応な看護が行えるよう、7:1の看護体系を採用しています。救急告示病院の認定を受け、指定病院として機能を持ち合わせています。

琉球大学医学部附属病院

琉球大学医学部附属病院の職員は1094人働いています。職員が一丸となって、地域住民に全般的な医療が実現できるよう励んでいます。インプラント義歯/自家液体窒素処理骨移植/超音波骨折治療法/(他の保険医療機関に対して検体の採取以外の業務を委託して実施する保険医療機関)先天性難聴の遺伝子診断/前眼部三次元画像解析/経皮的肺がんラジオ波焼灼療法 原発性又は転移性肺がん(切除が困難なものに限る。)/CT透視ガイド下経皮的骨腫瘍ラジオ波焼灼療法 転移性骨腫瘍(既存の治療法により制御不良なものに限る。)又は類骨腫(診断が確定したものに限る。)を行っています。先進医療において必須な医療を担います。看護部では働く看護師に合わせた2交替・3交替を導入しており、看護師が長く働ける環境作りを進めています。