リウマチ科

北部地区医師会病院

北部地区医師会病院では599名医師、看護師などの医療従事者が働いています。周りの医療施設と手を取り合い、より質の高い治療を心がけています。看護師は5名看護にあたっています。丁寧な看護体系7:1を採用しています。看護師は特殊な看護スキルを身に付けるよう、勤しんでいます。1日の外来患者の数は191名で、病院が不可欠な患者へ納得の行く医療を担っています。

中部協同病院

中部協同病院は、沖縄県沖縄市知花6丁目25番5号に位置します。看護部では、パートナーシップの看護方式を採用しており、患者家族とのコミュニケーションを大切にした看護活動を進めています。

大浜第一病院

大浜第一病院の医療従事者は660名います。医療スタッフが皆、地域住民に全体を見た医療が行えるよう一生懸命です。看護方式はメリットの多い固定チームナーシングを採用し、看護師は無理がなく、治療を有する患者には質の高い医療を行えるような環境があります。1日の入院患者は-名おります。緊急な入院も丁寧な対応を心がけます。

海邦病院

海邦病院には内科/外科/小児科/整形外科/耳鼻咽喉科/泌尿器科/循環器内科/消化器内科/呼吸器内科/放射線科/リハビリテーション科/リウマチ科があります。地域に必要とされる医療に勤しんでいます。1日の外来患者数は160人に及びます。外来の看護師はフットワークのある看護を行っています。

地方独立行政法人那覇市立病院

沖縄に設置されている地方独立行政法人那覇市立病院の医師、看護師など職員は、559人活躍しています。診察は、内科/呼吸器内科/循環器内科/消化器内科(胃腸内科)/神経内科/皮膚科/リウマチ科/小児科/精神科/心療内科/外科/呼吸器外科/乳腺外科/気管食道外科/消化器外科(胃腸外科)/泌尿器科/脳神経外科/整形外科/眼科/耳鼻いんこう科/小児外科/産婦人科/リハビリテーション科/放射線科/麻酔科/歯科/歯科口腔外科の科目ごとに、患者に求められる医療を実践しています。地域がん診療連携拠点病院指定/臨床研修病院指定(厚生労働省発医政第274号)/救急指定病院の指定を受ける(環医第54号)/不在者投票指定病院(沖選管第263号)/保険医療機関保険薬局指定(沖縄県知事)の認定を受け、認定を受けた病院として機能を持ち合わせています。看護部は、アセスメント能力を生かした固定チームナーシングを取り入れ、看護体系7:1を活用し、ナースは働いています。効率が良くクオリティの高い看護を心がけています。

沖縄県立北部病院

沖縄県立北部病院の医療スタッフは280人在籍しており、看護師以外のスタッフとの連携も大事にしています。沖縄県立北部病院の看護師は217名、在籍しています。気を張った病院内でも心の通うナースステーション作りを心がけています。

沖縄県立南部医療センター・こども医療センター

沖縄県立南部医療センター・こども医療センターは、沖縄県島尻郡南風原町字新川118-1にあり、診療科目は、内科/呼吸器内科/循環器内科/消化器内科(胃腸内科)/腎臓内科/神経内科/糖尿病内科(代謝内科)/血液内科/皮膚科/リウマチ科/感染症内科/小児科/精神科/外科/呼吸器外科/循環器外科(心臓・血管外科)/気管食道外科/消化器外科(胃腸外科)/泌尿器科/脳神経外科/整形外科/形成外科/眼科/耳鼻いんこう科/小児外科/産科/婦人科/リハビリテーション科/放射線科/麻酔科/病理診断科/救急科/歯科口腔外科が設置されています。医療を求める患者に合わせた治療を目指しています。保険医療機関/更生医療指定医療機関/労災指定病院/生保・児童・身障者福祉等各法指定病院/結核予防法指定病院/原爆医療指定病院/看護教育実習指定病院/エイズ医療拠点病院/災害拠点病院/第一種・第二種感染症指定医療機関/へき地医療拠点病院/臨床研修指定病院/被爆者一般疾病医療機関/救命救急センターの指定を受けています。認定を受けてた医療を提供しています。

沖縄県立中部病院

沖縄県立中部病院の医療に関わる職員は790人で、職員皆で、周辺住民に総合的な治療を進められるよう努めています。日本医療機能評価機構による医療評価を受けていません。質が高い医療に努めています。